鼻呼吸

呼吸には「鼻呼吸」と「口呼吸」があり、呼吸には鼻呼吸が適しています。

 

その理由は、いたって単純で、口は消化器官で鼻は呼吸器だからです。

 

しかし、口がいつも半開きになって、口で呼吸している人はとても多いようです。

 

 

 

食事の際に、くちゃくちゃと音を立てて食べる。

 

歯並びが悪く口を閉じたときにきちんと閉まらない。

 

いびきをかく。

 

このような方は、恐らく口呼吸になっていると思います。

 

口呼吸は口の中が乾燥するため、健康に直結する優秀な「唾液」の分泌がうまくいかず、口臭や味覚障害の原因になりますし、風邪をひきやすくなったりします。

 

鼻は優れた空気清浄器のようなもので、口に比べると酸素の取り込み量が多いため血行が良くなりますので、イライラすることも少なく、さらに加湿もしてくれます。

 

鼻で吸い込み口から吐く、または、鼻で吸い込み鼻から出す。

 

この呼吸が身につくと、身体の健康だけではなく、心の安定にもつながるのです。

 


スポンサーリンク