足裏

足裏、キレイですか?

 

 

角質・タコ・魚の目で硬くなったりしていませんか?

 

 

浮き指など足の指が正常に動かせなくなってしまっている人は、身体をキチンと保持する事が出来ない為、偏平足や外反母趾になりやすく、足の裏の様子もおかしなことになってしまいます。

 

 

 

足の指の力が弱くなったり、足の指を使わないような悪い歩き方が癖になってしまうと、指の機能が低下し脚のアーチ構造が崩れ、本来地面をしっかりと掴んで立ったり歩いたりする事が出来なくなります。

 

 

その代償として足の裏を分厚くして圧力に耐えられるようにしたり、親指の根元を内側に飛び出させることでバランスを取ろうとします。

 

 

こうなると他の部分が無理を強いられることになり、問題は足にとどまらず身体全体に波及しますので、腰が痛い肩が痛い首が痛いとなってしまうのです。

 

 

何でもない所でよくつまづく、歩くと足の裏が疲れる、足首がむくむ、ふくらはぎがだるいなどを感じるようであれば、一度足の指を徹底的に鍛える事をお勧めします。

 

 

体に染みついた悪癖はそう簡単に抜けてくれませんが、足を整え全体の使い方を工夫して正しい所作で動かせるようになると、足裏の不具合も徐々に改善されていくと思います。

 


スポンサーリンク