本気度

何とかしなければ、

早く何とかしなければ、

いつか何とかしなければ、

そのうち何とかしなければ、と思いつつ、いつまで経っても何ともできない肥満。

 

 

体重の増加以上に感じる『体型の変化』に焦りつつも臭いモノには蓋をするように、つい見なかった事にしやり過ごそうとしてしまいます。

 

 

しかし、いくら現実逃避をしようとも、たるんだお腹に溜まった脂肪は無くなる事はありません。

 

 

脂肪は、溜まるべき条件が整った生活習慣の果てに必然として溜まるのであって、勝手に溜まる訳ではないのです。

 

 

ですから、余計な脂肪が溜まった原因は、自分自身にあるという自覚が必要です。

 

 

そして、溜める事が出来たのであれば、減らす事が出来るのも自分自身なのです。

 

 

体脂肪を減らすポイントは実に簡単な事で、運動をする+バランスの良い食事を摂る+間食をしない+たっぷりと睡眠をとる、この4点を習慣になるまで続ける事です。

 

 

この手の話をすると、ダイエットが出来ない方に限って本筋ではない枝葉の細かな事を気にする傾向があります。

 

 

「どんな運動をどれくらい・何セット・いつ行なうと痩せられますか」

 

「どんな野菜をどれくらい摂ればいいですか」

 

「食べてはいけないおやつは何ですか」

 

「ヘル〇アは飲んだほうがいいですか」

 

 

このような考えが真っ先に浮かぶ人はほぼダイエットがうまくいかないタイプです。

 

 

口から出る言葉とは裏腹に本気度がほぼゼロだからです。

 

 

細かな事はある意味どうでもよいのです。

 

 

まずは、この4つを習慣づける事が大切なのです。

 

どんなに優れた運動メニューも、食事メニューや食材も、続けられなければ何の意味もありません。

 

 

いつかやるなら今やりましょう

いつかやるおつもりならすぐにやりましょう。

いつでも本気を出せるのなら出し惜しみをせず今出しましょう

 

 

つまりはそういう事なのです。

 


スポンサーリンク