バランス

姿勢の悪さの原因は様々で、複数の場合もあれば1つだけという場合もあります。

 

 

その1つにバランスの悪さがあり、身体の使い方・筋力に大きな偏りがあると、正しく身体を支えたり維持したり出来なくなります。

 

 

試しに、時間を計りながら片足立ちを行なってみてください。

 

 

 

 

だいたい同じような時間維持出来れば良いのですが、あまりにも左右差があるようなら、バランスの崩れを疑わなければなりません。

 

 

ほとんどの人には利き脚があり多少の左右差はありますが、その差が大きければ大きいほど、立つ・歩く・走る度に身体は歪んでいきます。

 

 

歩いているうちにスカートが回ってしまうというのも、単に骨盤が歪んでいるという事ではなく、左右差から一歩の踏み出しが違うので歩くたびにどんどんずれていくとも考えられます。

 

 

片足立ちが不安定な場合、足首・股関節を整える必要があります。

 

 

整えるとは、鍛える事と柔軟性の確保です。

 

 

キチンと整える方法をマスターすれば、数日から数週間でバランスの悪さは改善出来ますので、まずは、身体バランスの左右差があるのかないのかを確認する事、そしてそれを改善する事、そうする事で自然と姿勢の悪さも改善に向かうのです。

 

スポンサーリンク