掴む

今、「逆立ちをしてください」と言われてその準備態勢に入ったとします。

 

床に手を付けて後は足を蹴り上げるだけとなっています。

 

その時、手の指はどんな状態になっていると思いますか。

 

腕立て伏せをする時のように手の指は『パー』の形になっていると思います。

 

人はよりバランスを取らなければならない時や、より大きな力を必要とする時に地面との接地面積を広げ身体を安定させようとします。

 

これは本来本能的に行なわれるものですが、普段から広げたり動かす事が不足しその能力が衰えた状態の足の指では、身体をしっかりと支える事が出来なくなってしまうのです。

 

そうなると身体の他の部分が余計な負担を担う事になり、徐々に過負荷となり慢性的な疲労やコリのような感覚として現れてくるのです。

 

健康の基本は自分自身の足でしっかりと地面を掴み、身体を安定させて全身をリラックスした状態に保つ事です。

 

ですので、身体の各所に感じる自覚症状も気になるところですが、まずは足を整えることを意識して行なってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク