関節

ストレス過多や過労により、身体が重い・だるい・スッキリしない。

 

そんな時はゆったりとした入浴や適度な運動などがその解消に効果的なのですが、他にもとても有効な方法があります。

 

それは、腰から下の関節を弛めて身体全体を軽くする、という方法です。

 

 

腰から下の関節と言えば、股関節や膝や足首だけと考えがちですが、それ以上に大切な部分があります。

 

身体を支える最も重要な部分で、身体の巡りにも大きな影響を与える部分。

 

「足の指」です。

 

さらに、身体を弛めるためには順序が大切で、末端から身体の中心に向かって行なうと効果的と言われていますので、まずは足の指の付け根にあたる部分を大きく動かす事が弛める基本なのです。

 

足の指でグーをした時に、爪側から数えて3つめの関節がポコッと出るようなら良いのですが、出ないようなら関節の動きが衰えてしまっています。

 

そんな方は足の裏を鍛える事と共に、足の指の柔軟性を上げる事が必要になります。

 

足を整え、足首、膝、股関節を順に弛めていくと、腰痛や肩こりの解消につながる程、身体が弛んでいきますので、疲れが取れにくいようであればまずは足からメンテナンスしてみてください。

 

参考動画です、是非お試しください。

スポンサーリンク