足がつる

原因がはっきり分からないとされている「足がつる」という現象は、ふくらはぎの筋肉が縮みアキレス腱が伸ばされるうち、何らかの原因でふくらはぎが過剰に収縮した時にそれ以上縮まないように発する警告であるとも言われています。

 

 

 

スポーツ選手が試合中に足がつる場合、「水分」が原因であるのは明らかなのですが、それ以外は「冷え」「運動」「睡眠」「過労」「ストレス」「血管」「内臓」など様々な要因が考えられ、決定的な判断基準が無いのが現実です。

 

ですが、何もしない訳にはいかない程、足がつるのは辛い事ですので、まずは脚全体の循環改善を行ないましょう。

 

ストレッチや筋トレをし、柔軟性を高め血流を改善するだけでもずいぶんと楽になったり、足裏への刺激で身体全体にいい影響が波及したりするだけで大きく状態が変化する場合がありますので、まずは出来る事から徹底して行ない、それでも何も改善しないようであれば病院などの治療院で、適切な処置を受ける事をお勧めします。

 

日常生活の中で簡単に行なえる対策としては、「椅子に座った際に足裏でゴルフボールをゴリゴリ転がす」また「湯たんぽや電気マットで足を温める」ことです。

 

劇的に足が楽になります。

スポンサーリンク