肩こり対策

一般的に肩こりの原因は、運動不足や過労による血行不良やストレス、猫背などの姿勢の悪さと言われています。

 

その中の「運動不足」対策ですが、肩を回したり腕を上げたりすることはもちろん大切で、その他にも行なうべき事はいくつもあります。

 

 

実は、肩こりを解消するためには肩だけの運動では不十分で、そのキーワードは「首・鎖骨・肋骨・胸」です。

 

つまり「胸郭」と呼ばれる部分や、肋骨から耳付近にかけてのたくさんの部分に肩を弛ませるポイントがあり、そこをうまく動かす事で、肩がどんどん楽になっていきます。

 

そして、肩こり対策は弛ませるだけではなく、強くすることも併せて考えないといけませんので、肩周りの動きを滑らかにし血行を良くし、少しの疲労程度で肩がこらないように鍛える事が欠かせません。

 

鍛えると言ってもダンベルや鉄アレイを持ち上げるようなハードなモノではなく、腕の重みや重力を利用したモノで十分なのです。

 

ですから動きも地味で毎日出来るようなレベルの運動をコツコツと続けていくだけで良いのです。

 

肩こりは病気ではありませんので、日々の努力次第で改善すると考えられます。

 

「自分での力で必ず治す!!」という強い意志を持って向き合ってみましょう。

スポンサーリンク