考え方

股関節ダイエットというモノがあり、股関節を柔らかくすると痩せるいう考え方ですが、なぜそうなるかという部分で異なる理由が述べられています。

 

同じような事でもどこから見るのかによって、色々な解釈が出来るのです。

 

 

よく言われるのは、股関節が硬いとリンパの流れが悪くなり、冷えやむくみによって太るというようなモノです。

 

老廃物がたまると代謝が悪くなり太りやすくなる。と、いうのも同様です。

 

また、股関節が硬いと老廃物が溜まるため、疲れやすくなる。

 

疲れると出掛けたり動いたりすることが億劫になり、ゴロゴロ過ごす事が増えるので、結果太ってしまう。

 

股関節が硬いと身体を動かす範囲が狭まり活動量が減るため、身体全体の血行が悪くなり太ってしまう。

 

調べればもっと色々と出てくるかもしれませんが、だいたいこのような感じでしょうか。

 

正直、どれが正しくてどれが間違いなのか、全部正しいか全部間違っているか、分かりません。

 

定説のように語られている事でも、数年後には全く違っていたという事はあり得る事なのです。

 

とは言うものの、股関節が硬い事で得をする事は何もない事だけは確かですので、痩せる痩せないは別にして子供の時のような柔らかさを取り戻せるように、毎日のストレッチは欠かさないようにしましょう。

スポンサーリンク