極論

痩せなきゃ 痩せなきゃ

 

年がら年中、季節に関係なくまるで呪文を唱えるかの如く、「痩せること」に囚われ続けている人がいます。

 

しかし、いつお会いしても痩せている様子がありません。

 

 

体重を落とす事は、それほど難しい事ではありません。

 

極論で言うと、食べずに動けば怖いほどのスピードで体重は落とせます。

 

しかし、人間の凄い所は、生命維持装置が完備されていますので、ある一定の所までいくと、それ以上はしばらくの間、体重減少は緩やかになるか止まります。

 

それは、これ以上痩せてしまうと命の危険がありますよと、本能がSOSを発信するからで、人間は本来野生の部分があり、本能で身を守る事が出来ているのです。

 

完全な野生動物に肥満などありません。

 

生き物で太っているのは、人間とその人間に飼われているペットや家畜のみです。

 

それ以外の動物に何故肥満が無いのかというと、野生の世界で肥満体となれば、その個体は敵から身を守れずに淘汰されてしまうからです。

 

人が肥満になるのは、野生としての本能が退化し欲望が制御できなくなった結果という他ありません。

 

とは言うものの、食べずに運動をするという方法は現実には無理です。

 

ですので、太りにくい食べ物・飲み物・食べ方・飲み方など、質や量などあらゆる手段で「太りにくい・痩せる」方法というのがあります。

 

それでもなお痩せる事が難しい、それもまた現実でしょう。

 

痩せる為の方法は、痩せられるという一般的な方法を実行する事ではなく、ご自身が太った直接の原因を見つめ特定し、それを防止するための方法を毎日行なう事なのです。

 

肥満対策に野生感覚や極論は必要ありません。

 

地道にコツコツと続ければ良いだけの話なのです。

スポンサーリンク