笑う

いつもしかめっ面と、いつも笑顔。

 

健康にとって良いのは「いつも笑顔」です。

 

心の底からの笑顔が最も良いのですが、微笑みやはにかみはもちろん、辛くない程度の作り笑顔でも効果はあるそうです。

 

 

笑う際に必要な顔の動きは、脳にとっては「良い事」であり、幸せや安心と同じように受け取ります。

 

脳がそう感じると身体全体に良い効果が波及され、全身にプラスの要素が満ち溢れますので、身体は疲れにくくなったり、疲れが取れ易くなったり、背筋が伸び生き生きとした姿勢で呼吸も大きくなり快活な生活が送れるとの事です。

 

日頃から笑顔を絶やさず、多少嫌な事、辛い事があったとしても、笑顔で吹き飛ばしてしまう位の明るさで乗り切る癖が付けられれば、なんとかやりすごす事が出来るかもしれません。

 

また、笑顔は顔そのものにも大きな影響を与え、いつも朗らかな笑顔で過ごした場合と、いつも無表情や険しい顔で過ごした場合とでは、将来の顔や表情がまったく違ってくるそうです。

 

高価な化粧品やお手入れグッズも結構ですが、最高の美顔アイテムは「笑顔」だという事を忘れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク