構図

腰はその時の通り、『月』(にくづき)の『要』、つまり、身体の最重要部分です。

 

そこが痛むと生活の質そのものが低下し、ココロとカラダの両面でマイナス要素となります。

 

しかし、その腰痛の大半が原因がはっきりしないというから困ったモノで、色々とお試しになっても完全に良くなるには相当の時間や労力を費やさなければならないのが現状です。

 

それで良くなればまだしめたものですが、そうでない場合の方が多いのではないかと思います。

 

 

全ての腰痛を完璧に治す方法は、今のところありません。

 

ただし、腰痛をお感じになられている方の多くに『股関節が硬い』という共通点があります。

 

ですので、原因が特定されないとしてもまず行なってもらいたいのは、股関節を柔らかく・強くする事です。

 

二足歩行のヒトの股関節は、身体の重さと重力をまともに受けるため、他の部分よりも骨・筋肉・靭帯などのあらゆるものが強靭に作られています。

 

本来の股関節は、可動域も広く筋肉の柔軟性も大きいのですが、それほど動かさなくても良い生活や動かす機会が少ない生活を続けていくうちに、使えなくなります。

 

身体は使わないモノは『無用のモノ』と判断し、不必要なモノは出来る限り活動させなくなるという特徴がありますので、その周辺の筋肉は細く硬くなってしまいます。

 

そうなると、血管や神経にも良くない影響が出るばかりか、身体のバランスが崩れる事で骨格自体が歪み、そのためさらに筋肉に不自然なストレスがかかり硬くなるため、もっと歪みがきつくなったり、新たな歪みを引き起こしたりすると言われています。

 

そうなると、当然腰や股関節だけの話ではなくなり、背中・肩・首・頭にまでその悪影響は広がります。

 

つまり、このような負のスパイラル的な構図を解消するのは、股関節を整えるしかないのです。

 

いくらマッサージや湿布に頼ってみても一時しのぎでしかなく、そのうちそれも効かなくなりますので、腰痛を何とかしたいとお考えであれなら、まずは『股関節』に最大限の力を注いでください。

スポンサーリンク