目を見る

相手の目を見て話していますか?

 

目は口ほどにモノを言うと言いますが、ほとんどの場合当てはまります。

 

目を見て話す人に対しては、自信を感じられますし、嘘偽りが無いという印象や信頼できる人物であるという印象さえ感じられます。

 

 

それとは対照的に、常に目を合わさない、キョロキョロと視線に落ち着きがない、伏し目がちな人には警戒心を抱いたり、つい距離を取ってしまいますし、信頼感や安心感を感じることは非常に困難です。

 

これは、日常においてもビジネスにおいても同じ事なので、他人に良い印象を与えたい・何かを成功させたいとお考えであれば、まずは相手の目をしっかり見て「自分は信用・信頼に足る人間です」というアピールをする事が欠かせないのです。

 

また、相手が何を言わんとしているのか、本音はどこにあるのか、信用出来るのかというような判断も、相手の目を見ていればおおかたの予想が付きます。

 

そして、もう一つ大切な事は、それに笑顔を付けましょう。

 

笑顔は印象度アップだけではなく、自分の中にある緊張・不安を溶かしてくれます。

 

落ち着いた口調で笑顔を絶やさず目を見て話す。

 

これが出来れば怖いモノなし!! かもしれません。

スポンサーリンク