寝る姿勢

朝起きると体中が痛い・首が痛い・足がだるい・腰が痛いなどでお悩みの方がかなりいらっしゃいます。

 

マットや枕など寝具が合っていないという事があるかもしれませんが、もう一つの原因として身体の歪みがあると考えます。

 

 

一日が終わると、身体は色々な習慣や癖の結果、ある程度歪んでいます。

 

それをリセットせずに就寝すると、歪んだままの姿勢で数時間を過ごす事になり、それを解消すのが「寝返り」なのですが、うまく出来ない場合偏った寝姿勢では、身体の様々な部分に痛みや違和感が改善されず歪みが習慣になってしまいます。

 

それを解消するための方法は、寝る前に一日の疲れをリセットするような体操や運動を必ず行なう事と、寝る姿勢を工夫する事です。

 

工夫とは、例えば首が固まったような感じがする場合、うつ伏せで首を左右に向けたり、喉を伸ばし顎で頭を支えたりしながら、ゆっくりとストレッチをしながら凝り固まった首回りを弛めていきます。

 

行ない始めの時期は慣れない動きの為、違和感があるかもしれませんが、可動域が広がり偏りが緩和されてくると朝を迎えた時の身体が、格段に軽くなります。

 

もちろん首だけではなく、肩・腰・股関節・脚など、色々な部分の寝る姿勢を工夫してみましょう。

 

いつも同じ向きで寝たり、目が覚めるといつも同じ姿勢の場合、身体の歪みがかなりきついと考えられますので、もっと自由に動かせるように意識してリセットするように心がけましょう。

スポンサーリンク