梅雨の時期

一年中気を付けておかないといけない「食中毒」には、色々な種類があります。

 

主なモノにはウイルス性食中毒・細菌性食中毒があり、その他にも自然毒食中毒・科学性食中毒・寄生虫食中毒があります。

 

 

冬に多く発生するのはノロウイルスが猛威を振るう「ウイルス性食中毒」などで、気温が低く乾燥すると増殖を始めます。

 

逆に6~8月の高温多湿を好む細菌が増殖する「細菌性食中毒」には、色々な種類がありますのでそれぞれに注意しなければなりません。

 

カンピロバクター  肉(特に鶏)・牛乳・飲料水やペットからの感染にも気を付けましょう。

 

腸炎ビブリオ  塩分を好むため、魚・魚介類から感染します。

 

サルモネラ  家畜の肉・卵などから少量でも簡単に増殖します。

 

病原性大腸菌  水・魚介・肉類など幅広く存在し、O157でよく知られる細菌であり、ヒトからヒトへの感染も可能です。

 

その他、黄色ブドウ球菌・セレウス菌・ボツリヌス菌などもあります。

 

これらを予防する方法は①よく洗う、②よく加熱する、③水気をきる

 

そして①手をよく洗う、②体調管理をする、③新鮮なモノを食べる

 

これを徹底する事で大幅に食中毒の感染から身を守りましょう。

 

腐敗した食べ物は見た目や臭いである程度は判別できますが、食中毒の原因である細菌は見た目では判別できないとされていますので、これからの数ヶ月は念には念を入れて「危うきには近づかず」を頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク