ビール腹

今年の夏はラニーニャ現象の影響で『猛暑』になるようです。

 

暑くなると気になるのは『ぽっこりお腹』。

 

そして暑くなると欲しくなるのは『ビール』。

 

ビールとぽっこりお腹から連想されるのは、『ビール腹』ではないでしょうか。

 

 

お腹が出てくると、ついビール腹だと思い込んでしまいますが、これは少しばかり古い考え方のようで、今ではビールを飲む=お腹が出るという図式は栄養学的には当てはまらないそうです。

 

お腹が出る大きな理由は、『運動不足』と『糖質』なのだとか。

 

また、しきりにカロリーを気にされる方がいらっしゃいますが、それほど気にする事はありません。

 

例えば、1500カロリーのファストフードを食べる事と、1500カロリーのバランスの良い栄養豊富な食事を摂る事では、まったく意味が異なります。

 

健康に良いのは当然後者です。

 

カロリーを気にするよりもどんな食べ物を摂っているのかが、大切なのです。

 

ですから、ビールを飲むからお腹が出る、太るというよりも、その時にどんな栄養バランスの食べ物を食べているかが問題なのです。

スポンサーリンク