難しさ

当院では、筋肉をガシガシと鍛えるような事は特段のご要望が無い限り行ないません。

 

いわゆるアウターマッスルという強い力を必要とする運動ですが、スクワットなど効果が高いトレーニング以外はそれほど必要としないからです。

 

それよりもインナーマッスルと呼ばれる部分をしっかりと整える方が健康にとっては重要で、力は弱いですが長い時間身体を支え、姿勢や運動効率にも大きな影響を及ぼしますので、重点的に取り入れています。

 

 

インナーマッスルを整える中で何よりも大切な事が、3点あります。

 

① 低い強度で多回数

 

② 正しい基本姿勢

 

③ 力の入れ具合

 

これらを理解せずに、ただグイグイガンガン押したり引いたりするようなトレーニングを行なってもインナーマッスルは整えられず、単にトレーニングを『行なった感』だけを手にするだけで何の効果もありません。

 

キチンとしたトレーニングを行なうためには、どこをどのように何のために鍛えているのかを理解し意識する必要があるのですが、負荷が軽く動きが単純なため多くの方は「こんなの簡単ですね~」と思われて適当に済ませてしまいます。

 

例えば③について、ゴム運動の際にゴムを握っている手にはほとんど力を入れず狙っている部分にだけごく軽い刺激を与え続ける事が目的なのですが、ついギュッと握りしめ引っ張る事でトレーニングの実感を感じようとされます。

 

大切な3点は一見簡単そうに見えて相当難しいのです。

 

ですから、習得するには相応の努力が必要で時間もかかりますが、身に付けられれば身体は見違えるほど軽く感じられたり、肩が動かしやすく感じたりするようになるでしょう。

スポンサーリンク