強い力

肩こりや腰痛の解消の為に、マッサージを受ける。

 

それはそれで良いかも知れません。

 

選択は個人の自由です。

 

でもそれが身体の負担になるとしたら・・・

 

 

色々なお店や技術が存在している以上、提供するサービスはそれを管理する方が決める事であり、何が正しく何が正しくないというのは不毛な議論で、それを選ぶ方の自由意思で良いだけの事です。

 

当院では、身体は強い力に対しては、それに対抗するために身体はますます硬くなったり、押される事に慣れてしまいより強い力で押される事を欲するようになる、と考えています。

 

ですから、「強い力でこりをほぐす」という概念が元々ありません。

 

しかし、人の身体というモノは構造自体はほぼ同じなのですが、その実、千差万別だと感じる事があります。

 

例えば、人によってはある部分にある程度の力を加えると、身体の中に溜まった「ガス」のようなモノが、おならやげっぷとして大量に溢れ出てくることがあります。

 

そして、それが身体から出るとスッキリとし、重だるかった身体が軽くなり呼吸も楽に出来て姿勢も良くなります。

 

医学的にどうのこうのではなく、その方にとってそれが身体が楽になるベストな方法である以上、行なわない理由はありません。

 

ですから、力加減など状況に合わせて変化させることもまた必要だと考えています。

 

身体に負担をかけるような強い力でコリをほぐす必要ありませんが、身体を健康に導くための手段として最低限の強い力はあって然るべきなのです。

スポンサーリンク