温める

ジワリジワリと猛烈な暑さの夏が近づいています。

 

これからの季節、暑さゆえについ冷たいモノを摂ったり、露出が多くなってしまいますが、暑い季節だからこそ気を付けたいポイントがあります。

 

 

暑さと共に食欲が低下すると、アイスクリームやかき氷など栄養分がほとんど無い食べ物でお腹を冷やす事が多くなります。

 

また、首や肩、手・足首や膝を露出しがちになりますが、これは肩こりや冷えの原因になりますので、かえって体調不良に陥ってしまう事があります。

 

暑い時こそ温かいモノを食べたり飲んだりする事で、内臓の疲労を軽減させたり、発汗による放熱効果や代謝改善も期待できます。

 

暑い寒いは四季のある国にとって当たり前のことで、身体もそのサイクルに合わせてある程度変化しています。

 

それを妨げる事無く気持ちよくサポートすれば、身体も心も快適に過ごせますので、暑い時にはあえて温かい食べ物や身体を温めるような運動を行なって汗をかくなどすると、身体はどんどん元気になっていきます。

 

逆に、エアコンの効いた場所に閉じこもり、お腹を冷やすような食べ物ばかり口に入れ、ロクに運動もしないような生活では、健康な心と身体を手にする事は難しいのです。

スポンサーリンク