今、話題の

TVをつけると、バラエティーやクイズなどと同様に、毎日どこかの局で健康関連の番組が放送されています。

 

花盛り状態が続いているようです。

 

それらの中で時折気になって仕方ない事があります。

 

それは手品と同じなのですが、まるで信じられないような結果をあたかもすべての人に当てはまるかの如く、パネラーの驚く顔や感想を付け加え、見ている側にある一定の意図を持って誘導し納得させてしまうような演出方法です。

 

 

よくあるパターンは、何かの量を調べて、2週間ほど続けると、なんとほぼ正常の値になりました~的な事なのですが、多くの場合インパクトを与えるために1点に注目を集め、それを解消すればもう大丈夫!という類の構成です。

 

これだけ行なえば、元気に健康になれるのです!!という流れですが、身体の不調の多くは複合的な要素が複雑に絡み合った結果であり、それほど単純なモノではないと考えています。

 

しかしながら、メディアの力、刷り込みの威力は凄まじく、紹介されたものが翌日にはどこも完売状態になっていたり、高値がついていたりするように、盲目的にそれを求める心理状態にされてしまいます。

 

ですから、不調の改善についても、チョイチョイっと行なうだけで「まぁ~ビックリ~!!」というように簡単に出来るだろうと考えているようでは、いつまで経っても根本は変わらず不調を繰り返すだけなのです。

 

その証拠に、全ての人々に本当に効果が認められるものが存在するのなら、これだけ長い間あっちでもこっちでも同じような症状を取り上げ、「今、話題の・・・」という特集が組まれる事はなく、すでに解決済みになっているはずなのです。

 

ですが、現実はそうではないという事から、それらの本質を窺い知る事が出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク