自信を持つ

実は・・・

 

色紙が所狭しと貼りつけているような飲食店が苦手なのです。

 

 

 

なぜかというと、貼る意味が分からないからです。

 

芸能人の方、スポーツ選手の方、その他様々なジャンルの方のお名前があるのですが、「だから?」というのが、正直な感想なのです。

 

皆さんその道では素晴らしい業績を残されていたり、活躍されている方ばかりだとは思います。

 

でもだからと言って、有名人だから味覚が一般の方より優れているという話しでもなく、「おいしいと噂を聞きつけわざわざ有名人がお忍びで来た」として、一般の方も色々なグルメサイトや人気ブロガーの情報を調べ、おいしいと言われるお店には足しげく通っていると思いますので、有名人だけ貼らずに来店者全員の色紙を貼るならいざ知らず、何のために店中に貼りまくっているのか理解に苦しみます。

 

つまり、色紙がたくさん貼ってある店、イコール美味しい店という方程式がどうしても成り立たないのです。

 

それでも貼りたければご自分のお部屋に貼られたらよろしいのではないでしょうか?

 

そう思えて仕方がありません。

 

一度、聞いてみた事があるのですが、その際店主の方がおっしゃっていたセリフを今でも覚えています。

 

「箔がつくでしょ」

 

なんだか空しい気分になりました。

 

そんなモノに頼らずとも十分に美味しかったので、もっと自信を持っていいんじゃないんですか?などとお話をしました。

 

それと同じ感覚で、賞状とか資格証・修了証などを所狭しと貼っているお店も苦手です。

 

飲食店の営業許可証など、貼る事が国から定められているモノは別として、「こんなのもあんなのも出来ます」「こんな資格があります」「こんな所から表彰されています」「この技術も習得しています」というようなモノなど、貼る必要があるのかな?と考えます。

 

そんな箔などつけなくても、出来る人は出来ますし、それが分かる人は必ず分かってくれるものです。

 

もっと自信を持ちましょう!!

スポンサーリンク