器の大きさ

器の大きい人ほど、人の話を聴くものです。

 

我は我はと自分の事ばかり話したり、自分の考えに固執した主張を繰り返したり、説教に終始したりする人の器は、たかが知れています。

 

 

人の話に耳を傾けるという事は、解決法を授けてもらう、教えを乞うという以上に、自分の中にある可能性や創造性に彩りを持たせ、より良い選択肢を選ぶためのアイデアを見つけるために欠かせない作業なのです。

 

アイデアは多ければ多いほど良いのです。

 

中には目から鱗と呼べるような気づきがあったり、想像だにしないような視点からの意見だったりする事もあるのです。

 

アドバイスをするよりアドバイスされる方を選びましょう。

 

人を指さすより頷きましょう。

 

説教を垂れる時間を想像力を豊かにする時間に変えましょう。

 

そうすると器がどんどん大きくなるのです。