足の冷え

足が冷えると身体全体の血流の悪さに直結するのですが、これは「冬」に限った話ではなく、実は夏の冷えに対して、もっと気を付けてもいいのでは?と思っています。

 

 

エアコンの冷たい風は、上には上がらず下に下がるので、顔や胸辺りで感じる適温では足元はもっと低い温度になってしまいます。

 

さらに、気温が上がると履物が薄くなったり素足になったりする機会が増えます。

 

寝る際にも足が布団から飛び出して数時間冷える状態が続くなど夏は足が冷えやすい時期でもありますので、いかに足を温めるかという事が大切になってきます。

 

足を温めると、巡りが良くなり身体全体の代謝のアップしますので、健康な生活を送るための「バランス」が良くなります。

 

そうすると、むくんだり疲労が抜けなくなったりする事も格段に減りますので、「足がだるい」とか「足先が冷えて痛い」というような状態とは無縁になります。

 

足を温める方法は、足湯をする・靴下を履く・マッサージをする、その他いろいろあると思いますが、是非ご自身に合った継続できる方法を見つけて少なくとも夏の間続けてみて下さい。