原因

首や肩のコリに対して、マッサージをしても改善されない場合、原因は他の部分にあるかもしれません。

 

その中で、病気のように個人ではどうしようもないモノを除くと、それ以外の原因からくる首や肩のコリはほとんどの場合、自分で治せます。

 

 

特によく目にするのは、指や手の使い過ぎによって腕がだるくなったり、しびれたりする場合、手や指の緊張を弛めるだけではなく首から鎖骨辺りにかけての筋肉を弛める事で改善がみられたり、肩甲骨の強張りによって周りの部分が硬くなり本来の働きを阻害している場合、肩甲骨を弛めるために体操をしたりする事で全体としてバランスが整い首や肩のコリが解消されていきます。

 

その他にも悪い姿勢による首や肩のコリは深刻で、無意識のうちに習慣化された姿勢は、かなりの高い意識をもって克服しなければ、いつまで経っても慢性的なコリや痛みから抜け出す事は困難です。

 

湿布を貼ったり、痛み止めを飲んだりするような事を続けていると、いつかその効果にも身体が慣れてしまい効かなくなりますので、そうなる前に原因を見つけ出し対策を練るようにしていただきたいと思います。