汗疱

うだるような暑さが連日続く季節ですが、春から夏のこの時期に手や足にプツプツと水泡のようなモノが出来る場合があります。

 

かゆみを伴わない場合やかゆみや痛みを伴う場合もあり、一見『あせも』のようでもあり『水虫』のようでもあります。

 

しかし、その正体は・・・

 

 

『汗疱』

 

主に手の平や手足の指、足の裏などに、1~2mm程度の小さな水泡が多数現れる皮膚の病気です。

 

また、水ぶくれが破れて汗疱が悪化するとあっという間に広がり湿疹化する、『汗疱状湿疹』になります。

 

今のところ、なぜ汗疱が出来るのか、なぜ汗疱状湿疹になるのかは解明されていませんが、夏に多く、汗をかきやすい部分に出来ることから、汗が何らかの間接的原因となっていると考えられています。

 

その他には、食べ物、金属アレルギー、疲労、ストレスなど様々な原因が考えられます。

 

汗疱の段階ではかゆみはほとんど感じられない場合が多いため、この時点で皮膚科に行かれる人は少なく、そのまま治ってしまう人もいますが、徐々にかゆみを伴ないその範囲が広がるようであると汗疱状湿疹へと進行してしまいます。

 

症状や見た目が似ている事から間違われやすい『水虫』との違いは、水虫はカビの一種「白癬菌」が皮膚に感染するする事で発症しますが、汗疱は菌により感染するものではないため、他人への感染もありません。

 

ただし、素人判断で水虫と思い込み、水虫用の治療薬を用いて汗疱を悪化させたりしないように、皮膚科へ行くことが良いかと思います。

 

しかし、その前に、自己免疫力をアップさせて改善を試みる事も忘れないようにしましょう。

 

塗り薬などはかゆみを抑えたりすることは出来るかもしれませんが、根本的な改善は出来ないそうなので、ストレスの改善を図り、汗をかいたらこまめに手を洗い清潔を保ったり、食事や睡眠の質を向上させたりする努力や、シャンプーや洗剤などの選択も気を付けて行なうことで、汗疱が出来にくい・汗疱状湿疹にならないような環境を作り出しましょう。

スポンサーリンク