もも伸ばし

腰に原因がある腰痛の場合、ももの前を伸ばすような運動をすると、筋肉の伸びが悪くももが痛くなったり腰が痛くなったりする場合があります。

 

 

うつ伏せで片足をお尻に向けて曲げ、手で足を持ちお尻に押し付けたり、正座の状態から上半身を後ろに倒したりしてみて下さい。

 

ただし、痛みが出ない程度にです。

 

ももに痛みが出るようであったり、上半身を後方に倒せないようであれば、ももの筋肉が硬く本来の機能が果たせない状態になっています。

 

ももに適切な柔軟性が無ければ、その負担は腰に現れます。

 

ももの筋肉には、股関節・膝関節・ももの裏(ハムストリングス)・大腰筋など様々な部分と関連しあっていますので、ももの筋肉だけではなく周辺全体を万遍なく整える必要があります。

 

腰の痛みや疲れでお悩みの方は、ご自身の「ももの筋肉」が硬くなっていないか一度チェックをして、もしも硬いようなら徹底的に改善を図りましょう。

スポンサーリンク