疲れ目?

TV・パソコン・スマホなどの画面に目をやる時間が長ければ長いほど、目は疲れていきます。

 

昔と違い、今や現物以上に鮮やかな色合いを映し出す技術や、ゲームの画像技術の進歩により、目の疲れは尋常では無いのです。

 

 

眼の疲れには、「疲れ目」と「眼精疲労」という似たような言葉がありますが、疲れ目というのは何かを見過ぎた時に目に疲れを感じる事で、眼の酷使をやめ目を休めるとおさまるものですが、そのまま放置する事により、かすみや痛みが続く眼精疲労へとつながってしまいます。

 

眼精疲労は、主に目の使い過ぎが慢性化する事で起こりますが、その他、ディスプレイ画面が上過ぎたり下過ぎたりする事でも起こります。

 

また、視聴時の姿勢の悪さも一因ですし、暗い環境で目を使い過ぎる事も眼精疲労を悪化させます。

 

眼精疲労が慢性化してしまうと、頭痛・吐き気・首こり・食欲不振・不眠・イライラなど、目とは直接関係のないような症状で悩むことになります。

 

眼精疲労を食い止めるには、「疲れ目」の段階での初期対応がとても大切です。

 

目を温めたり冷やしたりする温冷対策や、眼球や目の周りの筋肉を動かす事により、こわばりを取り血流を改善し疲れを取る事で、目をリセットする事が出来ますので、日々の目の疲れによく注意を払い眼精疲労にならないように気をつけましょう。

スポンサーリンク