バッグの持ち方

姿勢が悪くなる・身体が歪むと言われる生活習慣の中で、よく耳にする「足を組んで座る」、「頬杖をつく」の他にも「バッグを片側ばかりで持つ」という悪癖があります。

 

 

気を付けていても、いつの間にか同じ側の肩にかけてしまうもので、どうしても使いやすい側と使いにくい側があり、使いやすい方ばかり使うために、どんどん身体が歪んでいくとされています。

 

ショルダーバッグやハンドバッグなどはそれがよく起こるので、それなら背負う系のバッグにすれば良いと思われがちですが、コレも同じく使い方次第なのです。

 

リュックやデイパックと呼ばれるバッグですが、それを片方の肩にかけてしまったりすると結局は片側ばかりに負担がかかりますし、両肩にかける持ち方でも前後のバランスが悪くなります。

 

どのようなバッグでも共通する身体に良い持ち方は、一つの方向・側に偏らない事です。

 

偏ってしまうと身体の重心がズレてしまい、それを修正しようとどちらか一方が余計な頑張りを続け疲労しバランスが崩れてしまいます。

 

どのようなバッグでも同じ事で、ある程度のサイクルで持ち方を変えましょう。

 

それはリュックやデイパックでも同様で、背負ったままの姿勢は前後のバランスが固定されてしまいますので、時々前に抱えるような持ち方に変えながら身体が一方向に固まってしまわないように注意が必要です。

 

身体の歪みは「バッグのせい」ではなく、それを使う人の習慣で起こるのです。

スポンサーリンク