足の裏が痛い.2

足底筋膜炎のように、筋肉が硬くなって痛みにつながっている場合、まず第一に行なう事は「温める事」です。

 

硬くなったり痛くなったりすると「マッサージなんかでほぐしてもらうといいのかも」と思いがちですが、硬くなって引っ張ってしまい痛みが出ている部分を力を入れて押し込むようなことをすると余計に悪くなってしまいます。

 

また、痛み止めやステロイド注射を繰り返したところで、楽になるのはそのひと時ですし、もっと困ることとして、原因が改善されないまま痛みだけ感じないようにされてしまう為に、治ったと勘違いをして使い過ぎてしまう事です。

 

そうすると足裏の状態はますます悪化してしまいます。

 

 

 

温める事で足の血行が良くなり、疲労物質が除去されると筋肉や筋膜の動きも良くなります。

 

毎日欠かさず行なう事は、入浴時に「湯船に浸かる」という事で、それも1・2分というような入り方ではなく、お気に入りの曲を数曲続けて聴く位の時間が適当です。

 

さらに足の血行を良くするには、温冷を繰り返す事ですので、時々冷水に足を浸けては、また温めたりというような作業を繰り返しましょう。

 

入浴が無理な場合、「足湯」も効果的なのですが、さらにそれが無理な場合は、濡れタオルを電子レンジで温め、それを足に当てたり、ホットパットなどで一日に数回足を温める事を行ないましょう。

 

とにかく足を温める事に全力を注いでください。

 

その他、弱い力で足首・ふくらはぎ・すね・太ももの裏のストレッチを行なったり、足裏のアーチを取り戻すような運動をしたりしながら無理なく環境を整えていきましょう。

 

足裏は考えている以上に過酷な環境で日々奮闘していますので、毎日しっかりとメンテナンスを行なってあげてください。

スポンサーリンク