目を温める

スマホやパソコンの画面を長い時間眺めている人はもちろんですが、そうではない人でも思っている以上に目は酷使されているため、疲れたり乾燥したりするものです。

 

最近では目を温める事が重要だという認識がかなり広がってきているようで、関連商品の売り上げなどもかなり良いとの事です。

 

 

目の疲れは目だけにとどまりません。

 

頭痛や首痛の原因の1つは目の疲れとも言われていますが、目を揉んだり押したりするのは少々危険ですので、その改善方法として有効なのは「温める事」です。

 

目が疲れるのは、主に筋肉疲労と同じ状態が目に起こっていますので、目の周りの血流を改善する事でこわばりを取り除き楽にする事が出来ます。

 

ホットタオルやホットアイマスクなどを利用して一定時間目を温めると良いのですが、さらに効果を高めるには温と冷と交互に行なう事です。

 

こうする事で血流はより流れやすくなりますので、目の疲れにとどまらず顔全体の流れも良くなります。

 

顔の血流が良くなると、そこにつながっている頭や首にも良い影響が伝わっていくのは当然の流れです。

 

目の疲れがそれほどではなく、ストレスの方が多いという方はリラックス感が大きい「温」のみで十分ですので、目的に合わせて目のメンテナンスを行ないましょう。

スポンサーリンク