股関節の痛み

身体の中にあるいくつもある関節の中で最も強靭で大きな関節である股関節は、二足歩行であるがゆえに過酷な条件で機能する事が運命づけられています。

 

それだけに本来広い可動域と大きな筋肉が支え合いバランスを取りながら、日常生活に支障が出ないように機能したり、スポーツのように激しい運動にも耐えられるような高性能のシステムを有しています。

 

しかし、股関節は一度痛みが出ると改善する事が難しい部分でもあります。

 

 

 

股関節の痛みには、股関節そのものに原因がある場合と、股関節以外に原因がある場合がありますので、対処を間違うと何かをいくら行なってもまったく効果がみられないという事になりかねません。

 

股関節の構造に遺伝的に問題があったり、骨の変形や炎症が起きたり、病気や怪我のせいで痛みが出る場合は、医療機関での治療を受ける事が大切です。

 

股関節にかかる負荷が大き過ぎたり長い間ずっとかかり続けていると、股関節の能力の限界を超えてしまいます。

 

また、出産後無理をして動いたり歪んだまま固定してしまうと痛みがずっと続いてしまう事につながります。

 

生活習慣で足や膝の使い方に問題がある場合、その負担は股関節に来ますが、そこから腰・尻・首・膝などに関連痛として痛みが生じる事もあります。

 

立ち方・歩き方・座り方を整え、股関節周りの大きな筋肉を鍛え、骨盤周りの体幹の筋肉を鍛え、激しすぎる運動を控えても痛みがおさまらない、改善がみられない時は、迷わず医療機関にご相談ください。

スポンサーリンク