目を守る

頭が痛いとか、首が痛い・こるなどの場合、目の疲れからきているかもしれません。

 

目の使い過ぎが主な原因で、目に関わる筋肉が硬直してしまっていたり、凝視を続けるあまり顔が前方に突き出てしまい、首がパンパンになっている事もあります。

 

 

パソコンやスマホの使い過ぎは、健康に大きな影響を及ぼすのはよく知られていますが、目が疲れてくると顔や後頭部が固まってしまい血行が悪くなります。

 

そうすると、気分が悪くなったりイライラしたりする事が増え、ストレス過多に陥ってしまいます。

 

暇つぶしや気分転換で気軽に使っているつもりが、逆に体調を悪くしているアイテムであるという自覚が必要で、使用頻度を制限したり何らかの対策を取らなければ、身体がドンドン疲弊してしまいます。

 

薬に頼ったり、マッサージに通ったりする前に、日々の目の過労に注意を払い出来るなら、パソコンやスマホから大切な目を守りましょう。

スポンサーリンク