姿勢の基本

骨盤の歪み・肩こり・腰痛・膝痛・股関節痛・猫背のみならず、身体全体の歪みを引き起こす原因の1つは「生活姿勢の悪さ」だと考えられます。

 

毎日の生活の中で繰り返される姿勢がもしも歪んでいるとすると、その影響は計り知れないほど身体にダメージを与える事になります。

 

 

生活の色々なシーンで3大姿勢と呼べるのは「立ち方」「歩き方」「座り方」です。

 

生活姿勢は習慣になってしまっているために、特に意識をすることなく日々繰り返されています。

 

ですので、歪みは偏りに気づくことが非常に難しく、よほどしっかりと意識をして習慣になるまで訓練をしないと改善は難しいのです。

 

まずは立ち方です。

 

身体の中心に重心を合わせ、重力から受ける負担を最小限にするような立ち方をしましょう。

 

どちらかの足に体重を乗せるような立ち方は厳禁です。

 

 

続いて歩き方です。

 

背中が丸くなり肩が巻き込まれないように手を上手に使いましょう。

 

 

最後に座り方です。

 

骨盤を寝かせ内股の力をだらしなく抜くような座り方は、身体を大きく歪ませてしまいますので、坐骨でしっかりと座面をとらえ身体を安定させ正しく座りましょう。

 

 

これらは基本中の基本です。

 

つまり健康な生活を送るための姿勢の基本ですので、ある意味において「出来て当たり前」なのですが、出来る人の方が少ないのが現状です。

 

一度ご自身の生活姿勢を見直し歪みの原因になっていないか、正しい姿勢を保てられるかなどチェックをしてみてください。

スポンサーリンク