大腰筋

腰痛を改善する方法として、色々なモノがある中で、その1つとして腰そのものではなく別の部分に着目した方法があります。

 

それは身体の中の方にある「大腰筋」という部分で、ここに問題があって起こる腰痛であれば対処する方法があります。

 

 

大腰筋は腰の骨と足の骨をつなぐようについています。

 

筋肉は縮んだ状態が長く続くと縮んだまま伸ばしにくくなる性質があり、この大腰筋の付き方から、長時間座ったり運転したりする事で大腰筋がそのような状態になりやすいと考えられます。

 

ですから、座った姿勢から立ち上がる時に痛んだり、腰を伸ばす動作をすると痛んだりする場合は、大腰筋に問題がある場合がありますので、対策としてはこの大腰筋の機能を取り戻す事が必要です。

 

筋肉は動かさなくなると縮んで硬くなりますので、大腰筋をよく動かす事で弾力のある筋肉に変えていくのです。

 

 

さらに、太ももの前の筋肉が硬くなっている事が多いため、その部分の柔軟性も改善し、背骨の腰の部分にも付着している事から、骨盤の傾き、背筋のバランスなどにも目を向ける事が欠かせません。

 

大腰筋は内臓の裏側にあるような筋肉ですの、通常は触ったり揉んだりする事が難しく、機能を回復させるには、連動する部分全体を考え動かしながら整えていくという方法が最も効果的と考えられるのです。

スポンサーリンク