考える

毎日色々な痛みに悩まされていたり、昨日・今日・明日で痛む場所が変わったりする場合、その原因は心や脳が無意識に生み出しているモノである可能性があります。

 

 

 

身体に起こる不調には、実際にどこかの部分に何らかの問題が起こっている場合と、検査をしても特に何の異常も無いにもかかわらず辛い状態が続いている場合があります。

 

前者は医療機関において適切な治療を受ければある程度完治するのですが、後者はどこで何を行なってもほとんど良くならず、延々と不調を引きずり続ける事が多いのです。

 

いつまでも続く原因不明の不調の原因の多くは、「ストレス」や「不安」や「緊張」のように心理的に不安定な状態になりそれが持続してしまう事で起こる事があります。

 

心と身体は表裏一体ですので、心の不調はそのまま身体の不調として現れます。

 

そのような原因で起こる身体の不調を、「身体の不調」としてだけで考えてしまうとどのような解消法を用いてもいっこうに良くなるはずがありません。

 

ですので、身体の不調がいつまでも改善しない場合、少し考える角度を変えて、心はどうか、気づかないうちに力んでしまうような、身構えてしまうような、頑張りすぎてしまうような、そんな状態が無意識に続いていないか、時間をかけて考えてみましょう。

 

それで全てが解決する訳ではないかも知れませんが、やってみる価値はあると思いますし、実際にそれで改善されている方もいらっしゃいますので、何をしてもどこへ行っても変化が無いと感じられた時にはお試しいただきたいと思います。

スポンサーリンク